ヒアルロン酸注入

審美セラミック治療10年で5,000本以上
口周りのトータルケア ヒアルロン酸注入

歯並びと一緒に口元の若返り

仙台セラミック矯正歯科では口元のトータルケアとして、口周りのシワ治療であるヒアルロン酸注入を行っております。

ヒアルロン酸注入は美容医療では非常に多く行われている治療で、ヒアルロン酸を気になるシワ等の箇所に注入することで皮膚を押し上げ、シワを解消することが出来きます。ヒアルロン酸は元々体内にある成分の一つであるため、ヒアルロン酸注入は副作用の少ない治療ですが、当院で使用するヒアルロン酸『テオシアル』は100%非動物性ヒアルロン酸を使用しているため、アレルギー検査は不要であり、その構造から高い弾力性を維持する、高品質で安全性の高いヒアルロン酸注入剤です。

ヒアルロン酸注入のメリット

  • 口周りのシワの改善
  • ヒアルロン酸注入によりお肌の水分量が増える。
  • 副作用がほとんどない。

ヒアルロン酸注入のデメリット

  • 効果を持続するには継続的な注入が必要(持続期間はおよそ6ヶ月から12ヶ月)

ヒアルロン酸:テオシアル

テオシアル

「テオシアル」は2008年Aesthetic Medicine Awardsの「Injectable Products of The Year(年間最優秀注入剤賞)」を受賞し、患者様の満足度、治療結果、効果の持続期間、使用感、カスタマーサービスなどの12の選考基準において高い評価を得た、高品質で安全性の高いヒアルロン酸注入剤です。

テオシアルの特徴

アレルギー検査が不要なヒアルロン酸

テオシアルは100%非動物性のヒアルロン酸のためアレルギー検査は不要です。臨床検査では15,000症例中1例のみが副作用を報告された程度で、それも注入部位が限定された一時的なものです。

高濃度で不純物が少ない

ヒアルロン酸注入における赤みや腫れの原因の一つとして考えられているのがタンパク質ですがテオシアルのタンパク質含有量は5μg/g未満、と極めて少量です。また、ヒアルロン酸濃度は高く25 mg/mlであり、現在あるヒアルロン酸注入剤の中でも非常に高い値となっています。

高い弾性力と保水力

テオシアルのヒアルロン酸は、ヒアルロン酸同士が相互に結合して密集したマトリクス構造を形成して、皮膚の弾力性を維持し、重量の1000倍の吸水能力を持つ高水和性のため皮膚のみずみずしさを保ちます。

長い持続期間

ヒアルロン酸のデメリットは効果を持続するには継続的に注入しなければならないことです。従来のヒアルロン酸は最長で6ヶ月程度でしたがテオシアルは製品種類や個人差により持続期間は異なりますが、およそ6ヶ月から12ヶ月です。ヒアルロン酸が吸収された後、さらに効果を持続させるには追加の治療が必要になります。

仙台セラミック矯正歯科のヒアルロン酸注入の特徴

痛みの少ない治療

ヒアルロン酸を注入する時には痛みを伴います。そこで、当院では局所麻酔に加え、局所マスをする前に表面麻酔を行うことで、麻酔針の痛みも軽減させます。

使いまわしはしません。

感染予防のためお一人に使用したヒアルロン酸を他の方に使用することはありません。注入材を針を変えて使いまわす医院もあると聞いていますが、感染症の危険性が高い行為です。 そのため当院では注入剤の使い回しは行っておりません。

ページ上部へ

料金

ヒアルロン酸注入部位

※金額は全て税抜き表記です。

無料相談・来院予約

当院では、セラミック矯正専門医と、ワイヤー矯正専門医が、それぞれ得意分野の治療を行っています。 カウンセリングは無料です。
カウンセリングは無料です

口コミやご紹介等で、約3割の患者様が山形、福島、岩手など県外からご来院いただいています。
仙台駅から徒歩1分なので、無理なく通えます。

アクセス

地図

仙台駅徒歩1分です。
(Bivi仙台東口の向かい)

二時間無料の指定駐車場あり。
(ご予約の際にご案内します)

診療時間

※電話受付は9:00〜20:00です。

TOPへ